特許出願中の構造による新しいデザインのストラップ。肩に負担がかかりにくく、今までにない軽さを体感できます。もちろん、左利きの方にもお使い頂けます。
※デザインは試作中の物も含んでいます。WEBショップにてご確認ください。

 

豊富なデザインを用意しました。さまざまなバリエーションを計画中です。

SmartStrap(スマートストラップ)の表面には自在にデザインをプリントすることが出来ます。毎月様々なコンセプトのコレクションを企画し、新作デザインを製作しております。第一弾は2021年11月に発表する「First collection HARD」ロックやパンクからインスピレーションを受けたゴシックデザインをテーマにしつつも、今後のブランドを支える基盤デザインとなるようスタンダードに仕上げました。第二弾は2021年12月の「Second collection STREET」90年代アメリカのB-BOYファッションから着想を得て、現代の日本のストリートにも映えるデザインを展開します。第三弾以降も計画中です、ご期待ください!

左利きの方も付属ベルトの交換で利用可能です。

試作を繰り返し選び抜いた素材と構造で「肩への負担の軽減」「今までにない軽さ」を実現しました。

特許出願中の5層構造肩当てパッドにより身体への負担が軽減され、楽器を背負った際にいつもより軽く感じることが出来ます。
5層構造の内部は伸縮性のある素材とクッション性を持った素材に特殊な加工をして、パッド部の肩への負荷を軽減しながら伸縮性により楽器の重量を肩から逃がす事が出来る様に設計されています。
パッド部は更に肩に合わせたカーブを持たせ、楽器を背負ったときに後ろのベルトが体に密着し、楽器のぶれを軽減するよう工夫されています。
パッド部の中央がご自分の肩に来るよう、下記にある前後のベルト長を交換・調整してご利用して頂くことで、最高の効果を発揮します。

長さの異なる5種類のベルトが付属。プレイヤーの個性や体格に合わせて取り替え可能です。

SmartStrapには5種類のベルトが付属しており、プレイヤーの身長・音楽ジャンル・奏法、さらに好みによる様々なストラップ長に対応可能です。

(例)身長190cm以上のロックギタリストは標準ベルトで調整範囲で使用
(例)身長190cm以上のロックギタリストは標準ベルトで調整範囲で使用
(例)身長178cmのJAZZベーシストはショートベルトで使用

カラビナ(開閉できる部品のついた金属リング)構造になっているジョイントで、ベルトの交換は簡単です。下記のように取り付けます。(取り外しは逆)

ベルトの強度と調整機構の滑りで長さが変わってしまわないように、硬い生地を使用しています。交換しづらいと感じた場合は、ベルトの差し込み部分をよく解してから交換してください。
左利きの

1.カラビナを倒します。

 

2.ベルトを差し込みます。
3.完成(取り外しは逆工程)

!音が出ますのでご注意ください!

強度試験を繰り返し、強度/耐久性の高い製品を開発しています。

 

SmartStrapの試作品を製作する度に強度試験をしています。6弦のエレキベースなど、より重い楽器にも耐えうる製品開発をする為、各部の耐久性を調査しました。肩当てパッド部に至っては、試験機の調査限界に達し試験を中断しています。

SmartStrapは約40kgの負荷まで耐える事ができ、体にかかる負荷を軽減します。