ITと音楽の交差点

株式会社オン・アンド・オンは、2014年に設立されたITを中心にしたコンサルティング・サービス・カンパニーです。
国内のサービスだけで無く、東南アジアへのIT製品やサービスの提供も視野に入れて、ビジネスを展開しています。
そんなITカンパニーがなぜ楽器周辺機材の製造・販売を始めたか...そこにはロング・ストーリーが...
創業者の岡本は20代の頃(1970年代)、プロのミュージシャンとして活躍していました。その後、打ち込み(当時はRolandのMC8など)でコンピュータに出会い紆余曲折の末IT業界に転身しました。しかし、楽器を弾くことを忘れることは出来ず、ここ15年ほどはアマチュアとしてふたたびステージに立っています。その中で、重いベースを背負って長時間のリハーサルやライブはだんだん厳しくなってきました。そこで、当初は自分の為のストラップを試作し始めますが、この軽快感は全てのミュージシャン仲間にも提供したいと考え、量産品の試作を始めました。それから2年を費やし、いよいよ機能的にも満足なこれまでに無いデザインを適用できる画期的な製品の出荷にたどり着きました。そしてふと楽器周辺のガジェットを眺めると、楽器はカラフルだったり改良が進んでいたりするのに、楽器の周辺機材に関しては、モノトーンでワクワクしないものばかりであることに気がつき、様々な商品アイデアが湧き始めました。
これからはミュージック・ライフを改革出来る様な商品を世に送り出して行きます。
そのための我々のブランド、equipO2(エクィップオーツー)を、是非ご期待下さい!

岡本英利

with SmartStrap PreProduct

 

ビジネス担当は、元ラッパーでプランナーとしての実践をもつ異色のビジネスパーソン

日本のITをリードする学校からファッションの世界へ、スタイリストアシスタントやファッションショーのメイク責任者を経験したのち上京。成り行きでMC バトルに出場した事からラッパーとなり、ライブやバトルなど精力的に活動していたアグレッシブな責任者が、このビジネスを牽引しています。
ファッション業界で培ったデザイン・センスを生かして、楽器周辺機器にこれまでに無い新たな価値観を提案します。
楽しく、個性的であるべきミュージック・ライフに一石を投じる商品の開発と販売に邁進します。


(エクイップ・オーツー)は、次の会社の楽器関連商品のブランドです。

社   名  :  株式会社オン・アンド・オン (英語表記 : On And On Corp.)
設   立  :  2014年1月8日
資 本 金  :  1,000万円 本   社  :  東京都新宿区高田馬場3丁目2-14 代表取締役  :  岡本 英利(社長兼CEO)
問 合 せ  :  こちらから